1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365 #0

365

1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365/デイヴィッド・S・キダー 他

長い出張地獄から帰って参りました。
その間、またしてもブログの更新が滞ることとなってしまいました。
本当に申し訳ございません。



…しかしながら、こんな私もブロガーの端くれ。
ただ漫然と、本業であるサラリーマンとしての出張に全ての時間を費やしていたわけではありません。

特に移動時間においては…

レトロゲームの攻略と読み終わった本の要約記事を書いてマンネリ気味ではないのか?

と、必死に新企画について考えを張り巡らせておりました。
(その影響により、高速道路を降りるインターを間違ってしまったのは、ここだけの秘密です…。)

そして…余分な高速道路代を代償として思い出したのが、今回取り上げた本『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365』の存在であります。

『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365とは』



日本では、1年間に70000冊を超える本が新刊として発売されています。
そんな星の数ほど発売された多くの本の中で、昨年、多くの話題を集めたのが『1日1ページ、読むだけで身に付く世界の教養365』です。

そのタイトルの通り、この本には教養として知っておきたい様々な内容が1日1ページ分ずつという非常に読みやすい量で掲載されています。

掲載されているジャンルは『歴史』・『文学』・『視覚芸術』・『科学』・『音楽』・『哲学』・『宗教』の7つであり、著者自身もキリスト教の人々における聖書のように、本書を毎日1ページずつ読むことを推奨しています。

そこで思いついた、新企画

素直(つまり単純)な性格の私は、こう思いました。

…ということは…毎日1記事分ずつ要約していけば、あらゆる教養を網羅するブログになるのでは?

…しかも、少なくとも365個のネタが確保される!

うーむ…我ながら、なんと酷い着想でしょう。
しかし…『モノは試し』とも言いますので、まずは四の五の言わず実行してみようと思います。

肝心の新企画スタート日についてですが、11月25日(月)とさせて下さい。
これは、『1日1ページ、読むだけで身につく世界の教養365』の記念すべき第1ページ目の表記が『第1週第1日(月)』と書かれているためです。

月曜日から始めた方が、分かりやすいですからね。

テラ
テラ

…もっともらしい理由をつけおって…。
そんなことでは、賢者になることはできぬぞ…

シド
シド

テラよ、安心せい。

浅見ヨシヒロは、ブログのアクセス数が欲しいだけじゃ。



ちなみに、プレゼントバージョンを購入

ちなみに…私が購入した『1日1ページ、読むだけで身に付く世界の教養365』はプレゼントバージョンであり、季節は昨年のクリスマスのことでした。

本をプレゼント…なんと素晴らしいことでしょうか。
季節限定版ということもあり、プレゼントバージョンの表紙も付いているので、受け取った側は特別感を感じることでしょう。

 

ただ一つ問題があるとすれば、この本は私が自分自身にプレゼントしたということくらいでしょうか…。

…最後に…当ブログをご贔屓にして下さっている数少ない皆様、どうかご安心下さい。
ペースは落ちるかもしれませんが、これまで同様にレトロゲームの攻略や読み終わった本の要約記事についても続行していきたいと考えています。



これからも当ブログ、『浅見家の本棚』をどうぞ宜しくお願い致します。
早速、私はこれから記事の書き溜めへと移ります…。

タイトルとURLをコピーしました