ファミコン発売中止ゲーム図鑑/鯨武 長之介(三才ブックス)

浅見家の本棚
ファミコン発売中止ゲーム図鑑/鯨武 長之介

レトロゲーム好きとして、触れないわけにはいかない本を紹介します。

その本とは…『ファミコン発売中止ゲーム図鑑』です。
ツイッターのフォロワーさんや、私が所属する『レトロコンシューマー愛好会』関連のツイートを見て購入しました。

タイトルのとおり、本書では発売中止となったファミコンソフトが取り上げられています。
しかも…当時、告知用に使われたチラシや雑誌の記事も掲載されており、開発中のゲーム画面を含めて当時を懐かしむこともできる内容になっています。

そんな『ファミコン発売中止ゲーム図鑑』は、大きく分けて2つの章で構成されています。

第1章には、大々的にPRされたものの発売まで至らなかったゲームが掲載。
続く第2章では、事前の情報からデザインやシステムの一部を変更して発売されたゲームが紹介されています。

とはいえ…本書に載っている全てのゲームを紹介することはできないので、今回は各章で印象に残ったゲームを1つずつ取り上げていきたいと思います。
気になった方は、ぜひ上記リンクから購入してみてください。

本書の概要

まずは本書の概要から。
Amazonの紹介ページから、概要文を引用させて頂きます。

さまざまな事情から発売されなかったファミコンゲーム
幻の作品たちをまとめて紹介!
ゲーム雑誌の新作情報や発売予定リスト、各種広告物などで発表されながら、実際には発売に至らなかったゲームたち。ファミコン時代は特にお蔵入りとなるゲームが多く、その数は150本を超える。
開発の難航、売れ筋の変化などさまざまな理由から、開発中止・発売中止となった幻の作品たち。その情報を、各種資料から一挙紹介!
さらに、タイトル変更やデザイン変更などで発表当初から大きく変わったゲームも、多数掲載する!

【第1章 発売中止ゲーム】
雑誌やチラシなどでタイトルや画面が発表されながらもお蔵入りとなった発売中止ゲームを紹介。一部、企画内容が大幅に変更されたものや、発売元が異なるものも収録。収録本数: 151本(詳細不明のものも合わせると172本)。

【第2章 デザイン・タイトル変更】
発売前の記事や広告から内容に変更があったゲームを紹介。ゲーム内容がガラッと変わったものだけでなく、ゲーム内未使用のグラフィック、画面の細かい調整など間違い探しレベルのものも解説していく。収録本数: 167本。
(アマゾンより引用)

この後は先述のとおり、第1章と第2章でそれぞれ気になったゲームを1つずつピックアップしていきます。



第1章 発売中止ゲーム

発売中止になっているだけあり、第1章で紹介されているゲームでは私が所持していた物はありません(当然といえば当然ですが)。

そんな悲しき運命を辿った151本の作品が収録されている本章において、私が最も遊んでみたいと思ったのは『ルーンマスター』というゲームです。

本来であれば、1991年にバンダイから発売される予定だった『ルーンマスター』。
『ファミコン発売中止ゲーム図鑑』にも記載されているとおり、バンダイというと大味なキャラゲーという印象ですが、『ルーンマスター』は完全オリジナルの作品でした。

『ルーンマスター』の監修を務めたのは、『ドラゴンクエスト』シリーズの生みの親・堀井 雄二さん。
脚本や音楽の人選にかんしてもかなりの力の入れようだったようですが、1991年は既にスーファミの時代に移り変わっている頃。

時局的な問題により発売に至らなかったのでは…と、本書では以下のとおり推測されています。

時はすでにスーファミの時代。
次の舞台へと進もうとしていたドラクエ、FF、メガテン……。
なみいる大作RPGたちと覇権を争うことなく、発売中止ゲームの歴史に名を刻む結果に終わる。
堀井雄二の監修も虚しく『るんますた』は『えにくす』にはなれなかったのだ。
(41ページより引用)



第2章 デザイン・タイトル変更

第2章では、見出しのとおり、発売はされたもののデザインやタイトルが変更された167本のゲームが収録されています。

発売には至っているので実際に私も持っていたゲームが数多く掲載されています。
本書のページをめくるだけで、懐かしい気持ちに浸ることができました。

主だったところを挙げていくと…『スターソルジャー』、『かんしゃく玉なげカン太郎の東海道五十三次』、『ドラゴンボール 神龍の謎』など、正に名作揃いです。

これらのメジャー作品を差し置いて、第2章で私が取り上げる作品はこちら。
『キングコング2 怒りのメガトンパンチ』です。

タイトルのとおり、本作の主人公は映画でお馴染みのキングコング。
人間によって連れ去られた愛するレディーコングを取り戻すため、キングコングが旅に出る…というストーリーでした。

ジャンルは典型的なアクションゲームで、キングコングの攻撃手段はパンチや岩投げ。
ジャンプで敵の攻撃や障害物を避けることもできますし、建物や戦車を破壊することができました。

そんな『キングコング2 怒りのメガトンパンチ』ですが、ロムカセットについては今も持っています。
相棒・レトロフリークにもインストール済みですので、本書を読んだ後にプレイしてみたのですが…スタートして10分程で、あえなくゲームオーバーになってしまいました。

プレイしていた当時も、当然ながらクリアすることができなかった本作。
無数に存在するワープゾーンがどこに繋がっているのかも分からず、挫折してしまいました。
練習を重ね、いつかエンディングを見てみたいと強く感じたのであります。



タイトルとURLをコピーしました