司馬 遼太郎

スポンサーリンク
浅見家の本棚

日本軍と日本兵 浅見家の本棚 #70

日本軍と日本兵/一ノ瀬 俊也 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 『日本軍』『日本兵』に対する私達の印象 皆さんは、『日本軍』もしくは...
本日の購入本

『花神』 本日の購入本 #5

おはようございます、浅見ヨシヒロです。 現在、箱根駅伝を放送しているテレビの前でこのブログの記事を投稿しています。 昨年暮れに、録画しておりましたドラマ『陸王』を一気に視聴したせいか、今日明日の二日間で行われる箱根駅伝や、昨日の...
浅見家の本棚

最後の将軍 浅見家の本棚 #59

最後の将軍/司馬 遼太郎 もう20年も経ちます、モックンの『徳川慶喜』から。 私の記憶が正しければ、1998年の大河ドラマ『徳川慶喜』における主人公・慶喜を演じたのは、モックンこと本木雅弘さんであったと記憶しています。 『だから何なの...
浅見家の本棚

関ヶ原(上・中・下) 浅見家の本棚 #52

 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 関ヶ原(上・中・下)/司馬 遼太郎 祝・『関ヶ原』の映画化!!(今更かよ…) 『司馬遼太郎のあの「関ヶ原...
浅見家の本棚

『司馬遼太郎』で学ぶ日本史(磯田 道史)

司馬遼太郎さんは、自身の戦争体験から得た思いを作品を通して読者に訴え続けてきました。 第二次世界大戦で大きな過ちを犯してしまった日本陸軍の思想の原点は、意外にも戦国時代。 そこで生まれた『公儀』が数百年の後も根強く日本人の中に残り続け、やがては『統帥権』の暴走へと繋がったのです。
浅見家の本棚

『燃えよ剣』浅見家の本棚 #20

『燃えよ剣』/司馬 遼太郎 『燃えよ剣』との偶然の出会い 私が司馬遼太郎の代表作の一つである『燃えよ剣』を初めて読んだのは、実は最近などではなく、高校生の頃でございました。当時の私は、読書といえばマンガか雑誌しか読んでおらず、この本と出...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました