要約

浅見家の本棚

家康の経営戦略(大村 大次郎)

約270年も続いた江戸時代。 『江戸幕府』の最大の武器は、兵力ではなく豊富な財政力に裏打ちされた徳川家康の経営戦略でした。 反乱の芽を事前に摘み取る内政手法やお家騒動を防ぐ御三家制度によって、江戸時代は戦争がほとんどない太平の世となったのです。
浅見家の本棚

いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン(大塚 雄介)

あのコインチェック株式会社の最高執行責任者(CCO)大塚雄介氏によって書かれた、ビットコインやブロックチェーン、そしてフィンテックの入門書。専門書へのステップとして読むには申し分無い内容。 現金の価値が薄れていくこれからの時代、仮想通貨はどのような役割を果たしていくのか楽しみです。
浅見家の本棚

20歳のときに知っておきたかったこと(ティナ・シーリグ)

日本の起業家率は海外と比べて低いと言われています。 起業家率の高い・低いの正しさを論じることはできませんが、日本人にはチャレンジ精神が足りないというのは皆さんも実感できるのではないでしょうか? 『もっと若い頃に出会いたかった』と思える一冊です。
浅見家の本棚

サッカー日本代表を支えた、長谷部キャプテンのメンタル習慣術 浅見家の本棚 #101

2011年に発売されたベストセラー本『心を整える。』。 計3回のワールドカップで日本代表のキャプテンを務めた、長谷部選手によって書かれた本です。 勝利を手繰り寄せる56の習慣の他にも、おじいさんとの素敵なエピソードなど、『そりゃあ沢山売れますわ』という一冊です。
浅見家の本棚

『書けるけど話せない…』そんな悩みを解決する一冊 浅見家の本棚#100

これからは文章力が求められる時代。 書くのではなく、翻訳の意識を持つこと。 その上で文章のリズムと構成に注意し、読者が納得できる文章を作ることが重要。 特に文章の論理性については、可視化できるかどうかでチェックが可能。
タイトルとURLをコピーしました