ドリフトタクシー体験!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事でドリフト体験、その経緯

昨日は日曜日ということで、ほとんどの方はお休みだったと思いますが、貧乏暇無しの私は仕事でございました。

ただし、”仕事”と申しましても机に向かっての堅苦しい事務作業などでは当然なく、なんとなんとドリフトタクシーなるものの体験会でした。

レトロゲーマーの私の場合、”ドリフト”と聞くと瞬時にマリオカート位しか思いつかなかったのですが、地元の二本松商工会議所さんを通じて体験の案内が届きましたので、思い切って申し込んでみました。

いざ、サファリパーク!!

ドリフトタクシー体験の会場は、”聖地”とまでその道では称されているエビスサーキットさん。東北サファリパークさんと同じ敷地内にあることまでは以前から知っていたのですが、実際にこうやって足を運ぶのは実は初めて。特にサファリパークについては小さいころから両親に『行こう』と何度もねだっていたのですが、『車が傷つくから』との一言で毎回一蹴されていたのを思い出します。当時はどうだったのか分かりませんが、今ではサファリパークさんでの代車サービスもありますので、安心して行けますね。ということで、東北サファリパークさんの入り口で写真を一枚。

まずはサファリパークに入場し、レストランにて社長の熊久保さんからの熱心な説明を聞いた後に、サーキットの視察です。風が強く非常に肌寒かったのですが、丁度『ドラフト祭り』なるイベントが実施されている最中で、多くの関係者が車を走らせておりました。我々が公道で走るようなノロノロ運転ではなく、テレビでF1レースを見るようなスピードで常に車がサーキット内を走っていました。印象的だったのは長期滞在の外国人の方々の多さでした。趣味は国境を超えるのですね。

ついに姿を現した、ドリフトタクシー

そしてサーキットの視察が終了すると、ついに私達の目の前にドリフト車両…タクシーが姿を現しました。

車のことはほとんど何も分かりませんが、なんだか速そうな車ですね。そしてしばらく待っていると自分の順番になってたので乗車。

あまりに緊張していたのと、余裕が無かったことから走行中の写真はありません!しかし、今までマリオカートでしか使うことのなかった”ドリフト”を実際に自分の身で体験することができて、本当にいい経験になりました。勿論マリオカートのような生易しいドリフトではなく、峠道を走る『イニシャルD』を彷彿とさせるドリフトでした(アニメ数回しか見たことないですけど)。

帰宅した後にニュースで知ったのですが、昨日佐賀県でドリフト車両による事故があった模様です。体験会の前にこういったニュースを見ていたら躊躇していたかもしれませんが、被害に遭われた方の一日も早い回復をお祈りすることにして、本日の記事を閉じたいと思います。

実は、ドリフトタクシー体験の後は、東北サファリパークの視察も行われましたので後日改めて写真等をアップしたいと思います。お楽しみに。

こちらでも細々と呟いてます。 良ければフォローしてやってください。 @liverpoolxabier

 

コメント

  1. […] 先日アップした、『ドリフト体験!!』の続きです。 […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。